ニュース
» 2016年05月17日 09時00分 UPDATE

シード・プランニング ドローン市場予測:2024年、産業用ドローン市場は2270億円規模に

今後、産業用ドローン市場はどのように成長していくのだろうか? シード・プランニングが発表した「産業用無人飛行機・ヘリコプター(ドローン)の市場予測」を基に見ていこう。

[八木沢篤,TechFactory]
楽天「そら楽」 楽天が開始する「そら楽」で使用されるドローンのイメージ(出典:楽天)

 産業用ドローンを取り巻く環境が大きく動き出している。

 既に、測量や社会インフラの点検、気象観測、災害・危険区域の調査、ホームセキュリティなどで活用が進みつつあるが、ドローンの飛行ルートを定めた改正航空法の施行や、千葉市が航空法の規制を緩和する国家戦略特区として指定されたことなどを受け、物流に関しても医薬品配送や一般向け宅配サービスの実証実験などを行う動きが出始めている。

 また、2016年4月に開催された「第2回 国際ドローン展」(会期:2016年4月20〜22日)では、最先端のドローンだけでなく、ドローンの課題の1つである航続時間(距離)を伸ばすための制御技術やバッテリー技術に関する展示なども行われ、ハードウェア面での進化も見ることができた。

 では今後、産業用ドローン市場はどのように成長していくのだろうか?


 市場調査・コンサルティング会社のシード・プランニングが2016年5月6日に発表した「産業用無人飛行機・ヘリコプター(ドローン)の市場予測」を基に、ドローン市場規模予測、ドローン機体市場規模予測(価格帯別)、ドローンサービス分野別市場規模予測(構成比)について見ていこう。

 なお同調査では、ドローン、無人飛行機、マルチコプターを総称して「ドローン」としている。また、機体ビジネスに関しては、民生品を除く10万円以上のドローンを対象にしている。

» その他の「調査レポート」をチェックする

2020年以降、さらなる拡大が見込まれるドローン市場

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.