特集
» 2016年05月09日 09時00分 UPDATE

IT導入完全ガイド:水や電力の需要予測、災害・犯罪対策など……“社会インフラ”IoTのユースケース

今後、日本がIoT分野で世界をリードできる可能性が高いのが「社会インフラ」の領域だ。今回は、社会インフラ領域に関連するIoTのユースケースを見てみよう。

[提供:キーマンズネット編集部,TechFactory]
キーマンズネット

 IoTで日本が世界をリードできる可能性が高いのが社会インフラ領域だ。デバイスをはじめとする要素技術に優位性があるばかりでなく、防災対策や省エネルギー対策、交通システムなど、政策として世界でも先進的な取り組みが進んでいる分野がいくつもある。これらの効果が具体的に出てくれば、やがては日本のIoTベースのインフラが世界に輸出できる時代になるかもしれない。まずは社会インフラ領域でのIoTのユースケースを見てみよう。

併せて読みたいお薦めホワイトペーパー:

併せて読みたいお薦めホワイトペーパー

IoT関連情報をまとめてチェック:

IoT Watch

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)にまつわる業界・企業動向、技術トレンド、IoT活用ソリューション、IoT構築支援サービスなどの情報をまとめてお届けします(特集ページはこちら)。



防災・気象情報や交通管制では世界トップレベルにある日本

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.