ニュース
» 2016年04月19日 12時00分 UPDATE

3M EW2036:空輸コストを約90%削減できるエレ分野向け1液エポキシ系接着剤

スリーエム ジャパンは、「3M スコッチ・ウェルド 構造用接着剤」の新製品「EW2036」の販売を開始した。

[八木沢篤,TechFactory]
「3M スコッチ・ウェルド 構造用接着剤」の新製品「EW2036」 「3M スコッチ・ウェルド 構造用接着剤」の新製品「EW2036」 (出典:スリーエム ジャパン)

 スリーエム ジャパンは2016年4月8日、「3M スコッチ・ウェルド 構造用接着剤」の新製品「EW2036」の販売開始を発表した。1kg入りで販売価格(税別)は1万1730円。化成品商社、電材商社などを通じて販売を行う。

 EW2036は、電子部品のパーツ接合、部品固定、ケース接合用途(インダクター、トランス、コンバーターなど)や、モーターなどの磁石固定および銅線ほつれ防止用途、自動車電装部品/一般工業品の接合・固定用途などに使用される接着剤で、空輸時の輸送費抑制によるトータルコスト削減が可能となる製品である。

主な用途 主な用途 (出典:スリーエム ジャパン)

危険品扱いになるドライアイスが不要に

 電子部品メーカー間は、技術や品質のみならずコストに関しても厳しい競争環境にあり、製造拠点の海外移転、部品を構成するパーツのコスト低減といった対応に加え、副資材である構造用接着剤やその輸送コストについても常に高い関心が払われている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.