ニュース
» 2016年04月04日 12時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:USB 3.1/Type-C搭載機器開発における試験・評価の勘所

システム設計者が知っておくべきポイントを凝縮!

[TechFactory]

 電子設計の基本と応用が分かる技術情報メディア「EDN Japan」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は、『USB 3.1/Type-C 機器開発でシステム設計者が知っておくべきこと』をご紹介します!

USB 3.1/Type-C 機器開発でシステム設計者が知っておくべきこと

USB 3.1/Type-C 機器開発でシステム設計者が知っておくべきこと

 Appleは最新のMacBookでUSB Type-Cを採用し、周辺機器や電源などへの接続を1つのポートに統合しました。Type-Cは、USB 3.1仕様のデータ伝送やDisplayPort接続によるビデオ出力、機器の充電などを行うことができます。

 MacBookが提供する新たな接続環境は、次世代の薄型/軽量ノートPCやタブレット端末などの製品企画にも大きな影響を与えており、USB 3.1/Type-Cが有効な接続方法の1つであることを示しました。

 本電子ブックレットは、EDN Japanで掲載された「USB 3.1/Type-Cの概要と測定の肝」を基に制作。USB 3.1およびType-Cコネクターを搭載した機器を開発するに当たって、システム設計者が知っておくべき試験・評価方法について紹介します。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.