ニュース
» 2016年03月14日 09時00分 UPDATE

スター精密 SV-20R:最大加工径φ20mm、B軸制御搭載のスイス型自動旋盤

スター精密はB軸制御を搭載したスイス型自動旋盤「SV」シリーズに、最大加工径φ20mmの「SV-20R」を追加し、2016年5月に発売する。

[MONOist]

 スター精密は2016年2月24日、B軸制御を搭載したスイス型自動旋盤「SV」シリーズに、最大加工径φ20mmの「SV-20R」を追加し、同年5月に発売すると発表した。自動車・医療分野をはじめとするさまざまな分野で、複雑形状の部品加工に対応する。


 SV-20Rは、工具旋回制御軸(B軸)付きの8面タレット型刃物台を搭載している。刃物台には、2軸型回転工具ユニットを最大4カ所設置でき、これにより、プログラムによる自在な角度制御や同時5軸制御などの加工が可能になるという。

 制御軸数は、直線9軸/主軸回転2軸/B軸(工具旋回軸)の計12軸。正面加工用に、2軸制御のクシ刃型刃物台と3軸制御のタレット型刃物台を配置している。各刃物台を独立制御することで、旋削/穴明け/ミリングなどの同時加工が可能。背面加工用にはY軸制御付き8軸型ユニットを採用し、正面/背面の同時加工にも対応した。

 また、ガイドブッシュ仕様/ノンガイドブッシュ仕様の切り替えにも対応している。全長寸法が長い部品の加工には、ガイドブッシュ仕様によって加工物のたわみを抑制し、高精度な加工を可能にした。ナットなどの短い部品の加工には、ノンガイドブッシュ仕様に切り替えることで、廃材の量を削減できる。

 さらに、同社独自の制御方式「スターモーションコントロールシステム」により、NC制御の運転に必要な演算時間や工具選択時間などの非切削時間を低減。サイクルタイムを短縮し、生産性を向上できるという。

スイス型自動旋盤「SV-20R」 スイス型自動旋盤「SV-20R」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.