ニュース
» 2016年03月03日 12時00分 UPDATE

アットマークテクノ/東海ソフト Armadillo-IoT Flex Device パッケージ:国内主要PLCの“見える化”を実現するIoTソリューションパッケージ

アットマークテクノと東海ソフトは、PLCなどのデバイスをクラウドに接続し、各デバイスの稼働状況の「見える化」や「遠隔管理」を容易に実現できるサービス「Armadillo-IoT Flex Device パッケージ」の提供を開始した。

[八木沢篤,TechFactory]

 アットマークテクノと東海ソフトは2016年3月2日、PLC(Programmable Logic Controller)などのデバイスをクラウドに接続し、各デバイスの稼働状況の「見える化」や「遠隔管理」を容易に実現できるサービス「Armadillo-IoT Flex Device パッケージ」の提供開始を発表した。

 PLCは、工場自動化(FA)やビル設備などで広く利用されている制御装置。PLCメーカーはそれぞれ独自仕様でPLCの開発を行っており、PLCメーカーごとに通信方式が異なるのが一般的である。そのため、異なるメーカー同士のPLCを複数用い、それらを横断的にリモート監視・管理するようなIoT(Internet of Things)化の仕組みを構築しようとした場合、多額のコストと多くの時間を要することになる。

「Armadillo-IoT Flex Device パッケージ」 「Armadillo-IoT Flex Device パッケージ」の構成イメージ(出典:アットマークテクノ)

 Armadillo-IoT Flex Device パッケージは、アットマークテクノの「Armadillo-IoT ゲートウェイ」と、IoT向け3G回線サービス、各種PLCやデバイスの情報を管理する東海ソフトのクラウドサービス「Flex Device」で構成され、産業向けIoTソリューションの開発と運用を支援するものである。

国内主要PLCに対応

 Armadillo-IoTには、国内主要メーカー製PLCと通信が行えるエージェントソフトウェアがあらかじめ搭載されており、各PLCにArmadillo-IoTを接続し、電源を入れることでFlex Deviceクラウドセンターに登録される。また、PCやタブレット端末からFlex Deviceクラウドセンターにアクセスし、デバイス接続情報に関する簡単な初期設定を行うだけで、PLCなど各デバイスのデータをリモートから確認・管理できるなど、導入も容易に行える。

電源を入れるだけでFlex Deviceクラウドセンターに登録 電源を入れるだけでFlex Deviceクラウドセンターに登録(出典:アットマークテクノ)

 Armadillo-IoT Flex Device パッケージがサポートする国内メーカー製PLCは、以下の通りである(今後随時拡充予定)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.