ニュース
» 2016年03月01日 10時00分 UPDATE

アールエスコンポーネンツ Raspberry Pi:従来比で50%性能アップした64bit対応「Raspberry Pi」発売へ

アールエスコンポーネンツは「Raspberry Pi 3 Model B」の取り扱いを近日より開始すると発表した。

[MONOist]
「Raspberry Pi 3 Model B」 「Raspberry Pi 3 Model B」

 アールエスコンポーネンツは2016年2月29日、ボードコンピュータ「Raspberry Pi」の最新モデル「Raspberry Pi 3 Model B」の取り扱いを近日より開始すると発表した。価格は未定だが、英Raspberry Pi公式サイトでアナウンスされている販売価格は既存モデル同様の35ドル(約3900円)。

 最新モデル「Raspberry Pi 3 Model B」は中心となるチップセットにBroadcomの「BCM2837」(Cortex-A53ベース、64bit/1.2GHz駆動)を搭載。BCM2838を搭載する既存「Raspberry Pi 2 Model B」より50%の性能向上を果たしたとしている。

 新たに無線通信機能が搭載されており、802.11b/g/nおよびBluetooth 4.1/LEでの接続が行える。ただ、プロセッサの変更と無線通信機能の搭載により消費電力が2.5Aに増加しており、既存品で利用してきた電源が利用できない場合もある。

Raspberry Pi 3 Model B

 ソフトウェアやピンについては既存モデルとの互換性を有しているが、新たに開発環境「Node-RED」がRaspbianパッケージに含まれており、IoT関連製品のプロトタイピングにも利用できる。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.