ニュース
» 2016年02月01日 10時00分 UPDATE

Maxim Integrated Products MAX30102:超低電力なパルス酸素濃度計/心拍数統合センサーモジュール

Maxim Integrated Productsは、赤色および赤外線LEDを内蔵し、LEDパルスを変調して酸素飽和度と心拍数の測定値を送信できるセンサーモジュール「MAX30102」を発表した。

[MONOist]

 Maxim Integrated Productsは2016年1月12日、ウェアラブル医療やフィットネスアプリケーション向けに、パルス酸素濃度計および心拍数統合センサーモジュールの「MAX30102」を発表した。

 MAX30102は、赤色および赤外線LEDを内蔵し、LEDパルスを変調して酸素飽和度(SpO2)と心拍数の測定値を送信できる。また、LED/フォトディテクタ/光学素子/環境光除去を備えた低ノイズ電子回路を内蔵。光学/電気的性能を犠牲にすることなく、省スペースを可能にした。

 また、1.8V単一電源と内蔵LED用の5V電源で動作するため、バッテリー寿命を延長できる。動作温度範囲は−40〜50℃で、5.6×3.3×1.55mmの小型14ピン光モジュールで提供される。

 1000個以上購入時の単価は4.13ドルから。モジュールと加速度計を内蔵した評価プラットフォームも提供しており、システム設計者は製品の市場投入までの時間を短縮できるという。

MAX30102 ウェアラブル/フィットネスアプリケーション用に超低電力を提供するパルス酸素濃度および心拍数統合センサーモジュール

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.