Special
» 2015年11月26日 10時00分 UPDATE

使えるクラウドCAE:1カ月かかる解析を5日間で完了! コスト削減も実現する新たな解析環境とは?

製品の複雑化や多様化が進む中で、CAEを活用して設計開発の上流から製品品質を作り込むことはもはや必須となりつつある。しかし解析環境の構築コストは企業にとって大きな負担だ。こうしたコストや解析の効率化について悩みを抱える企業も多い。しかし中には新たな解析環境を導入し、コストを削減しつつ、1カ月かかる解析を5日間で行えたという企業も存在する。一体どんな解析環境を導入したのだろうか。

[PR/TechFactory]
PR

 製品開発を取り巻く環境は厳しさを増している。製品の複雑化が進み開発の難易度が高くなる一方で、開発リードタイムのさらなる短縮も求められている。さらに顧客ニーズの多様化や製品のグローバル展開に伴い、利用環境に合わせた細かな品質の作り込みも必要だ。こうした環境変化の中で、設計開発の上流からCAEによる高度なシミュレーションを活用することは、製造業が競争力を確保する上で必須となりつつある。

 しかしCAEに必要なHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)環境を、オンプレミスで構築するには膨大な投資と維持費が必要だ。一方で実際の解析需要には波があり、常に一定ではない。解析需要は増加するものの「使いたい時に使えない」「コストと利便性のバランスが取れない」といった悩みを抱える企業も多い。

 ただ最近では、新たなCAE環境を採用したことで「諦めていた解析を行えるようになった」「コストを削減できた」「本来1カ月かかる解析を5日間で行えた」という企業も出てきている。その秘密はどこにあるのだろうか。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社電通国際情報サービス
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2016年1月25日