ニュース
» 2015年11月04日 10時00分 UPDATE

Wind River Rocket/Pulsar Linux:ウインドリバー、IoTエンドデバイスまでを視野に組み込みOSのラインアップ拡大

ウインドリバーは、クラウド対応のリアルタイムOS「Wind River Rocket」「Wind River Pulsar Linux」と、クラウド対応開発環境などを無償提供する。

[MONOist]

 Wind Riverは2015年11月3日(現地)、クラウド環境「Wind River Helix Cloud」とクラウド対応OS「Wind River Rocket」「Wind River Pulsar Linux」をいずれも無償にて提供すると発表した。クラウド対応OS「Wind River Rocket」はIoTのエンドデバイスにて利用される頻度の高いMCU(マイコン)までも対象としており、製品ポートフォリオの大きな拡大となる。

 Wind River Helix Cloudはクラウド開発環境「Wind River Helix App Cloud」、デプロイ前のシミュレーションとテストを行う仮想環境「Wind River Helix Lab」、デプロイ済のIoTデバイスとそのデータを管理する「Wind River Helix Device Cloud」で構成されており、クラウド対応OS「Wind River Rocket」「Wind River Pulsar Linux」はエンドデバイス側でこれらの受け皿となる。

Wind Riverの発表したIoTソリューション Wind Riverの発表したIoTソリューション

 Wind River Helix App CloudはWebブラウザ上にて開発が可能であり、開発者側の利用OS、デバイスを問わず、また、多拠点からの同時開発も行える。同時開発はチーム内のみならず多企業間での開発も視野に入っており、テスト環境であるWind River Helix Labも多拠点間同時開発を前提としてた設計が施されている。

 クラウド対応OS「Wind River Rocket」「Wind River Pulsar Linux」はいずれもインテルのx86アーキテクチャとARMアーキテクチャの双方をサポート。前者は32bitMUCをサポートするRTOSで、後者はWind River Linuxをベースとした組み込み用OSで、64bitCPUまで対応する。なお、設計はプラットフォーム非依存となっており、それ以外のプラットフォームへの対応も可能だとしている。

 Wind River Rocketが動作するボードとしては、現時点ではインテルの「Galileo Gen2」(Quark SoC X1000搭載)、フリースケールの「Freedom-K64F」(Cortex-M4コア MK64FN1M0VLL12搭載)の2つが挙げられているが、将来的にはRaspberry Pi 2など「ポピュラーなボード」(同社プロダクトマネジメント担当 バイスプレジデント ディニア・ダスツール氏)へ対応する予定であるとしている。

 同社は組み込みOSとして「VxWorks」「Wind River Linux」を既に展開しており、新OSの投入によって4種類を用意することとなるが、大きな違いは必要とする最小フットプリントで、Wind River Rocketは4Kbyte、VxWorksは200Kbyte、Wind River Plusar Linuxは300Mbyte、Wind River Linuxは750Mbyteとなっており、Wind River RocketがIoTのセンシングデバイスなどMCUで動作する小規模なデバイスを対象としていることが分かる。

ラインアップ拡充 Wind Riverの提供する組み込みOSは「Wind River Rocket」と「VxWorks」「Wind River Pulsar Linux」「Wind River Linux」と4種類に拡大される
「Wind River Rocket」の概略 「Wind River Rocket」の概略

 同社では開発コミュティの支援を目的としたプログラム「Wind River Helix Developer Program」を開始した。このプログラムは参加者を問わないオープンなものとして運営され、システムインテグレーターや通信業者、半導体ベンダーなどはもちろん、個人開発者も歓迎するとしている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.